むし歯になりにくい歯

25歳以上で虫歯をもっていない人は、全体の3%と呼ばれています。つまり97%の人が虫歯をもっており、それと日々何らかの格闘をしているということです。つまり多くの人が虫歯予防を怠っているか、もしくは正しい知識を欠いているということではないでしょうか。これは大変な問題です。なぜなら歯科治療は保険適用でも高額だからです。そこで今回は歯科に頼らなくても出来る、大人の効果的な虫歯予防について紹介いたします。まず歯磨きをすることは当然なのですが、砂糖を含む食品を避けるのも効果的といえます。とはいえ、逆に砂糖を含まない食品とは非常に限られており、あまり神経質になると精神的に疲弊してしまう可能性もありますので注意が必要です。あまり神経質にならずに、出来るだけ砂糖を避けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

歯磨きと砂糖を避けることの他には、デンタルフロスによるケアも重要です。歯と歯の間の汚れは歯磨きでは取れにくいものです。そして大半の虫歯は歯と歯の間に出来るのです。つまりデンタルフロスの重要性が軽視されているということです。歯磨きは人の生活の中に溶け込んだのですが、デンタルフロスはそうでもありません。その認識は正しいものではありません。洗口剤でこまめにうがいをしたり、食後にキシリトール配合のガムを噛んだりするのも効果的と言えるでしょう。また虫歯になりやすい人もいますので、そういう人は歯科に相談しましょう。最近ではマウスピースに薬剤を塗布して、長時間の殺菌をする虫歯予防もあるそうです。興味のある方はお近くの歯科に問い合わせてみてはいかがでしょうか。